ミニオンズ初登場でカワユス「怪盗グルーの月泥棒」あらすじと感想【ネタバレあり】

2020/05/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

今さらようやくミニオンズ初登場作品「怪盗グルーの月泥棒」を観ました。

映画を観るときって、気乗りするかどうかというタイミングが重要なんですよね(;^ω^)

そのときに観たいかどうか。体調やメンタル的に合っているか…などなど。

だから最新作を書くことはほとんどありません。

古い映画ばかりで申し訳ない。

てなわけで楽しんで観れる作品を欲していたので、ちょうどいい映画でした。

怪盗グルーの月泥棒[AmazonDVDコレクション]

新品価格
¥1,000から
(2019/11/27 11:49時点)

 

あらすじ

エジプトのピラミッドが何者かに盗まれた!

いったいどこの誰が盗んだのか、世界中のニュースはその話題で持ちきりだ。

一方、盗みを生業にしている怪盗グルーはチマチマ悪事を働くけれど、最近は成果を挙げられていない。

銀行からの融資も断られる有り様だけど、そのニュースを聞いて「自分はもっと大きいことをしてやろう」と考える。

協力者のネファリオ博士と子分のミニオンズたちに、月を盗むことを宣言した。

月に行くロケットを作るため、やはり必要なのは銀行からの融資。

グルーは“縮ませ光線銃”を東アジア(位置的に北海道www)の秘密結社から盗み出す。

これを元手に銀行からお金を借り、かつ月を縮ませて持って帰ることが出来る。

まさに一石二鳥。

だけどここでピラミッドを盗んだ犯人ベクターの邪魔が入り、光線銃を盗まれてしまった。

なんとか取り戻そうとするグルーだけれど、ベクターの家はガチガチに守られていて近づけない。

しかしクッキーを売りに来た、施設で暮らす三姉妹をあっさり中に入れているのを見て、グルーはある計画を思いつく。

 

ネタバレ&感想

怪盗のイメージって、シュッとしたスマートな長身のイケメン風だったり、グラマラスなボディの美女風だったりしませんか?

しかもどちらも頭がめちゃ良さそうな…

でもこの映画の怪盗たちは全然違っていて「うわ~、ドジそう」と思ってしまうんですね。

まずグルーは、ずんぐりむっくりハゲチャビン

加えて猫背・ガニ股・やぶにらみで、悪党っていう感じはある。

そしてベクターは、のび太そっくりのジャージマン

お菓子大好きだからやせ型なのにお腹はポッコリ出ている。

ふたりとも全然怪盗の雰囲気がない(;´・ω・)

怪盗キッドみたいなスラッとしたイケメンはおらんのか(おらんかった)

 

さてさてグルーの計画とは、三姉妹を施設から引き取ってベクターの家に入らせ、その間にグルーが光線銃を取り戻すというものでした。

養父になったけれども、計画の一部でしかないから当然愛情なんてなし。

三人には家の中のものをさわるな、不快な音を出すな、と言いつけます。

でも三姉妹はそんなの無視!

好きなように探検し、興味のあるものはイジリ倒します。

普段は言いつけを守らない子供は可愛くないし腹立たしくなるんだけど、これはグルーのほうがハラ立つから「いいぞ。もっとやれ」と思っちゃいました。

三姉妹たち可愛いよ♡

 

そんな三姉妹を上回って可愛いと人気のミニオンズ

確かにカワイイですね~(*´Д`)

2年前、USJに行ったときパーク内の人のほとんどがミニオンズのグッズを買っていたり身に着けていたりしていたのを思い出します。

すごい人気だな~、と感心しましたもん、あのとき。

ワチャワチャしていて、もっと活躍を観たくなるの分かります。

近いうちに続き観ようっと。

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2019 All Rights Reserved.