海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

映画「愛と宿命の泉 Part.1 / フロレット家のジャン」あらすじと感想【ネタバレあり】

2022/10/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

フランスの国民的作家マルセル・パニョルの原作および自主製作映画を、クロード・ベリ監督が1986年にリメイクしました。

二部構成にした一大叙事詩になっており、俳優陣もイヴ・モンタン、ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデューなど、実力者が名を連ねます。

愛と宿命の泉 PARTⅠ/フロレット家のジャン(字幕版)

あらすじ

1920年代のプロヴァンス地方。

軍を除隊したウゴラン・スベランは、山の中腹にある叔父セザールことパペの元へ帰郷した。

独身だがスベラン家の繁栄を願うパペは、この土地家屋も事業である農業もすべて唯一の肉親であるウゴランに遺すつもりだ。

しかしいま現在は、ウゴランにはこの家よりさらに少し上の空き家に住まわせる。

そこでウゴランはカーネーションを植え、見事な花を咲かせてパペを感心させる。

しかし時季外れのため、花屋には買い叩かれてしまった。

もっと広大な土地と水源があれば何百株と育てて儲けられる。

パペに相談すると、ウゴランの家より少し上にあるカモラン家の土地がうってつけだと聞く。

土も肥沃で、何より豊富な水源となる泉が人知れず湧いている

ふたりで土地の所有者マリウスのところへ行き売却の値段交渉をするが、パペを激しく嫌悪している彼は断固として拒否する。

その際、家名を侮辱されてカッとなったパペは、思いがけずマリウスを殴り殺してしまった。

だがこれで土地を手に入れやすくなる。

相続する人間は、きっとこの土地を売却し、競売にかけられるだろう。

そのときを狙って安く購入すればいい。

そしてそれまでは、価値を知られないよう、泉をセメントで固めることにした。

相続するのはマリウスの妹フロレットになる、と聞いた。

パペの幼馴染だが、現在は結婚して他所に住んでいる。

そのフロレットについて手紙で親戚に問い合わせると、手紙が到着した日に彼女は亡くなったのだそうだ。

土地家屋の相続は、彼女の息子になる。

数日後、その息子ジャンが、妻エーメと一人娘マノンを連れて引っ越してきた。

この新天地で農業を始めると言って、ウゴランは焦りだす。

愛と宿命の泉 コンプリート・セット [DVD]

新品価格
¥9,207から
(2021/11/8 16:29時点)

感想

フランスの食料自給率が高いことは有名ですよね。

土壌や気候など、作物がたわわに実る条件が良いからなんだと思います。

もちろん農業は天候に左右されるし、災害・獣害・虫害などにも振り回され、知識のないズブの素人がいきなりやって成功できるような簡単なものじゃありません

そんなふうに、ただでさえ難しい農業の世界に、見込み概算だけで飛び込んだジャンは、その豊かな土地を狙うパペとウゴランの策略で苦難に追い込まれます。

野菜だけではなく、ウサギの繁殖も考えているジャンは、何を置いても水の確保が重要であることは分かっていました。

土地台帳を見て、泉があることも確認済み。

母の遺産を元手に道具や必要なものを買いそろえ、順調な滑り出しだったのですが、親切な友人のフリをして泉を発見されないようにするウゴランと、裏で糸を引いているパペの悪意に気づきません。

統計ではこの山にもう少しは雨が降るはずですが、日照りが続きました。

ウゴランに教えてもらった泉の場所は、何キロも先にあります。

何往復もしていてはラバの体力も限界です。

貯めていた水はなくなり、作物は育たずウサギもほとんど死んでしまい、資金も底をついてきました。

本当はすぐそばに泉があるのに……!

もうもうもう、本当に気の毒で「かわいそう」と声に出してしまいました。

自力で水脈を見つけようとしていたのですが、ジャンは失意のうちに亡くなります。

ジャンはセムシなこともあって、町の人たちから好かれていませんでした。

悪口言われたり、嫌がらせをされたり。

田舎の陰険さが出ています。

せっかく自然豊かで綺麗な場所なのに。

こういうところもこの一家が本当にかわいそうになります。

ジャンが亡くなった後、何もかも失ったエーメは土地を、本来の価値を知らないまま安価で売却し、出ていくことにしました。

引っ越しの日、自分たちの家のすぐ近くで泉を堀り起こして高笑いするパペとウゴランを見てしまったマノンは、泣きながら走り去ります。

ここで Part.1 終了です。

この映画、一度観ているんですが今回再見して、やっぱり面白くて早く続きが観たくなっています。

これ書き終わったらすぐ観ます。

 

続きはこちら

「愛と宿命の泉 Part.2 / 泉のマノン」あらすじと感想【ネタバレあり】

オートゥイユとドパルデューはこちらでも共演

「あるいは裏切りという名の犬」あらすじと感想【ネタバレあり】

他ダニエル・オートゥイユ出演作品

「そして、デブノーの森へ」あらすじと感想【ネタバレあり】

「画家と庭師とカンパーニュ」あらすじと感想【ネタバレあり】

「愛を弾く女」あらすじと感想【ネタバレあり】

「橋の上の娘」あらすじと感想【ネタバレあり】ツキは呼ぶより掴み取れ

他ジェラール・ドパルデュー出演作品

「ルビー&カンタン」あらすじと感想【ネタバレあり】

「いずれ絶望という名の闇」あらすじと感想【ネタバレあり】

映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌」あらすじと感想【ネタバレあり】絶望を乗り越える歌の力

他イヴ・モンタン出演作品

「恐怖の報酬」あらすじと感想【ネタバレあり】

他マルセル・パニョル原作作品

「プロヴァンス物語 マルセルの夏」あらすじと感想【ネタバレあり】

「プロヴァンス物語 マルセルのお城」あらすじと感想【ネタバレあり】

 

愛と宿命の泉 二部作 4Kレストア版 【ブルーレイ】 [Blu-ray]

新品価格
¥5,143から
(2021/11/8 16:29時点)

愛と宿命の泉 二部作 4Kレストア版 [DVD]

新品価格
¥3,960から
(2021/11/8 16:30時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.