海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

映画「パリの灯は遠く」あらすじと感想【ネタバレあり】同じ名前で運命逆転

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

セザール賞作品賞&監督賞を受賞したジョセフ・ロージー監督のミステリー作品です。

主演はアラン・ドロン

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」のジュリエット・ベルト、「ジャッカルの日」のミシェル・ロンスダールが助演に回り、ジャンヌ・モローも少しだけ登場します。

パリの灯は遠く(字幕版)

【TSUTAYA DISCAS】DVDレンタル

あらすじ

1942年1月。パリもナチ占領下に置かれていた。

暗い世相のなか、美術商のロベール・クラインは恋人のジャニーヌと一緒に裕福な暮らしをしている。

彼は、国外に逃亡するユダヤ人たちが逃走資金用に売りにきた美術品を安く買い叩き、オークションで売りさばいているのだ。

しかしある日「ユダヤ通信」という新聞が彼の元に届く。

ユダヤ人同士の情報交換に使われている機関紙である。

なぜ純フランス人の自分のところに届いたのか分からず、ロベールは編集部に出向いた。

すると「ロベール・クライン」という同姓同名のユダヤ人がいることが分かった。

クライン氏のアパートに行ってみると、家主の中年女性2人の刑事と話している。

刑事はどうやら姿をくらましてしまったクライン氏を追っているらしい。

家主がはじめロベールのことをクライン氏と間違えたため、刑事に疑いの目を向けられてしまった。

今は借り手を探している元クライン氏の部屋の内覧を頼み、部屋に入れてもらう。

彼が残していったものから、クライン氏は犬を飼っていることが分かった。

そして現像フィルムが本の間に挟まっていたので、ロベールは写真屋で現像を頼む。

そこにはサイドカーに犬を乗せた女性が写っており、彼女がクライン氏の恋人だと分かった。

翌日、またクライン氏と間違えられて配達された手紙がロベールに届いた。

フロランスと名乗る女性からのラブレターだった。

ロベールは彼女に会うことにする。

パリの灯は遠く [Blu-ray]

新品価格
¥4,309から
(2022/12/1 11:01時点)

パリの灯は遠く [DVD]

中古価格
¥508から
(2022/12/1 11:02時点)

感想

同姓同名のユダヤ人がいることで自分がその人だと間違われる恐怖。

そのためにフランス人である証明書を手に入れようと奔走するのですが、その過程でユダヤ人のクライン氏と会う必要ってないと思うんですよね。

ロベールがクライン氏を追う理由が分かりませんでした。

姿を見せないクライン氏ですが、ロベールを嵌めようとしている悪意はチラチラあったの…かな?

ユダヤ人狩りから逃れるためにロベールと入れ替わることを画策していたようなのです。

だから「ユダヤ通信」が届いたし、手紙も来ました。

最後の最後に、入れ替わりは成功。

釈放となるクライン氏に替わってロベールはアウシュヴィッツ行きの列車に詰め込まれて去っていきます。

友人ピエールの助力で逃げることができたはずなのに、クライン氏に会おうとしたことで破滅する皮肉。

何がしたかったのかな、ロベール…

会ってどうしようというんだろう、とずっと不思議でした。

反対にクライン氏は、足元を見られて美術品を買い叩かれて泣き寝入りした同胞たちの仇を討った (そのつもりがあったのかは不明だけど) 上に自由を手に入れて幸運でした。

皮肉の効いた面白いプロットだと思いますが、終始淡々としていて退屈だったことや、説明を省いているため分かりづらくなっている点もあり、残念ながらあまり楽しめませんでした。

パリの灯は遠く [DVD]

新品価格
¥1,339から
(2022/12/1 11:02時点)



他アラン・ドロン出演作品

「黒いチューリップ」あらすじと感想【ネタバレあり】アラン・ドロンの一人二役

映画「太陽がいっぱい」あらすじと感想【ネタバレあり】遊び人さん、気をつけて

「危険がいっぱい」あらすじと感想【ネタバレあり】前門のマフィア、後門の殺人鬼

「ハーフ・ア・チャンス」あらすじと感想【ネタバレあり】どちらがホントのパパかしら

他ジャンヌ・モロー出演作品

アントニオーニ監督作品「夜」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ビバ!マリア」あらすじと感想【ネタバレあり】BBとモローのセクシーボンバー (物理)

「死刑台のエレベーター」あらすじと感想【ネタバレあり】気づかないうちに転落人生

「愛人 ラマン」あらすじと感想【ネタバレあり】哀しい愛の気づき

「エバー・アフター」あらすじと感想【ネタバレあり】シンデレラが実在していたら?

「ニキータ」あらすじと感想【ネタバレあり】非情になれない彼女の涙

他ミシェル・ロンスダール出演作品

映画「ジャッカルの日」あらすじと感想【ネタバレあり】プロの殺し屋は何でもできるマルチマン

映画「薔薇の名前」あらすじと感想【ネタバレあり】不気味さ漂う宗教ミステリー

 

パリの灯は遠く [DVD]

中古価格
¥800から
(2022/12/1 11:02時点)

パリの灯は遠く 【ベスト・ライブラリー 1500円:隠れた名作特集】 [DVD]

新品価格
¥3,000から
(2022/12/1 11:04時点)



この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2022 All Rights Reserved.