海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」あらすじと感想【ネタバレあり】

2022/09/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

4作目です。

今度の監督は「フォー・ウェディング」のマイク・ニューウェルが担当しました。

「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー」で主役に起用したミランダ・リチャードソンとも再びタッグを組んでいます。

そして「トワイライト・サーガ」のロバート・パティントンも登場。

ついに復活したヴォルデモート様を、大御所レイフ・ファインズが演じます。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (字幕版)

新品価格
¥299から
(2022/8/29 08:34時点)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット (吹替版)

新品価格
¥1,528から
(2022/8/29 08:35時点)

あらすじ

トム・リドルの墓の横を通り、ある家に入る大蛇。

部屋の中からヴォルデモートの声が聞こえ、中にはピーター・ペティグリューことワームテールと、見知らぬ男がいる。

その様子を覗いた男性がワームテールに殺されたところでハリーハーマイオニーに起こされた。

クイディッチ・ワールドカップをウィーズリー一家と観戦するために、彼女ともどもロンの家に泊まっていたのだ。

ロンの父アーサーの同僚エイモス・ディゴリーが息子セドリックを連れて合流する。

皆で移動キーを使ってスタジアムにやってきた。

ブルガリア代表には人気選手ビクトール・クラムがいる。

スタジアムからの声に「試合が盛り上がっている」と思っていたが、違っていた。

ヴォルデモートに忠誠を誓う配下「死喰い人」たちが、スタジアムに集まっている人たちを攻撃していたのだ。

彼らは「闇の印」を空に刻んで去っていく。

新学期が始まり、新任教師マッドアイ・ムーディーに何故か気に入られるハリー。

そして今年は「三大魔法学校対抗試合」が行われるということで、フランスのボーバトン魔法アカデミーの女生徒たちと、ブルガリアのダームストラング専門学校の男子生徒たちもやってきた。

各校代表1人ずつの対抗戦だ。

立候補者は炎のゴブレットの中に名前を書いた紙を入れることになっており、代表者はハッフルパフ寮のセドリック、ボーバトンはフラー・デラクール、ダームストラングはビクトールが選ばれた。

これで終わりかと思われたが、ゴブレットはもう一人、ハリーを選出する。

年齢制限にも引っ掛かっているし、ハリー自身立候補した覚えはない。

しかし周りからはズルをしたと思われ、ロンすらもハリーを信じてくれない。

こうしてハリーは不本意のまま、対抗試合に出ざるを得なくなる。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]

新品価格
¥906から
(2022/8/29 08:35時点)

感想

ダーズリー家から始まらない珍しいオープニング。

嫌いだけど、笑いどころでもあるから出ないとちょっと寂しい。

きな臭い雰囲気になってきましたが、それでもロンのドレスローブだの、男風呂に堂々と入るマートルだの、笑えるところも結構多かったです。

恋愛模様も何やらいろいろありそうで…

とはいえ、ついに人死にがでましたね。

「磔の呪文」だの「死の呪文」だの、ダークサイドの怖さをジワジワと思い知らされます。

磔にされるハリーが「体がハリツケになってくよォ~?」とチェンソーマンのデンジくんのセリフ言いそうなポーズなので笑ってしまいますが。

ものすごい高度に凶悪な魔法を食らってハリー死にそうでした。

さて第6作での重要アイテム「憂いの篩」

この第4作目でもう出てきていたんですね。

やっぱり忘れているな~……

篩の中にあった数年前の光景を見て、魔法省の偉い人の息子バーティ・クラウチ・ジュニアが、あの夢の中でワームテールと一緒にいた死喰い人だと判明。

しかもムーディーに化けていた、というオチ。

知ってたけど、やっぱり魔法省が関係していると記憶が抜け落ちますわ。

そしてピーター・ペティグリューとワームテール、同一人物かい。

説明なしでいきなり呼び方変えられると混乱する…

そろそろメモとか取りながらじゃないとついていけないかもしれない。

 

他シリーズはこちら

「ハリー・ポッターと賢者の石」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part.1」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part.2」あらすじと感想【ネタバレあり】

他レイフ・ファインズ出演作品

「グランド・ブタペスト・ホテル」あらすじと感想【ネタバレあり】

「愛を読むひと」あらすじと感想【ネタバレあり】恥を隠すために罪を被る哀しさ

「ある公爵夫人の生涯」あらすじと感想【ネタバレあり】裏切られた心の行方

他ミランダ・リチャードソン出演作品

「クライング・ゲーム」あらすじと感想【ネタバレあり】(´⊙ω⊙`)

 

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [Blu-ray]

新品価格
¥1,364から
(2022/8/29 08:36時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2022 All Rights Reserved.