海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

「クライング・ゲーム」あらすじと感想【ネタバレあり】(´⊙ω⊙`)

2022/08/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

1993年に公開されたニール・ジョーダン監督の代表作です。

口コミで評判が広まり、異例のヒットとなりました。

作品内に重大な秘密があり、観た人はバラさないようにと公式がお願いしていましたが、キーパーソンを演じたジェイ・デヴィッドソンがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことでバレてしまいました。

その後、1994年のナンセンス・コメディ映画「裸の銃を持つ男Part33 1/3」のエンドクレジットで、完全なネタバレをされています。

 

クライング・ゲーム DTSスペシャル・エディション [DVD]

中古価格
¥2,375から
(2020/8/8 08:17時点)

あらすじ

アイルランド共和軍 (IRA) のファーガスは、リーダーのピーターの下、女性メンバーのジュードらと共に英国軍兵士ジョディを拉致した。

ファーガスたちの目的は、イギリス政府に捕らえられた仲間の解放だ。

3日以内に釈放されなければジョディは殺される。

拉致する際に顔を見られているファーガスは、見張り番のときにジョディの頭に被せられる袋を取ってあげていた。

顔を合わせれば話しやすくなる。

殺されるかもしれない不安もありジョディは饒舌だった。

ファーガスは話し上手で気さくなジョディに好感を持つ。

ジュードのハニトラにかかって現在こんな境遇になっているが、ジョディには本命の恋人がロンドンにいた。

写真を見せてもらうと、浅黒い肌の美女だった。

名前はデイルという。

ロンドンで美容師をしており、夜は「メトロ」というナイトクラブのステージで歌っているんだ、とジョディは目を細めてファーガスに打ち明けた。

英政府から何の音沙汰もないまま3日。

ピーターは明朝にジョディの処刑を決行すると決めた。

執行人はファーガスとなる。

その夜はふたりで夜通し語り明かした。

ジョディはファーガスに、自分の死後デイルに「愛していた」と伝えてくれるように頼んだ。

翌朝、ファーガスはジョディを逃がすつもりだったが、真意を知らないジョディは、ファーガスは背中を向けた相手を撃てないと判断して逃げ出した。

クリケットで鍛えた脚力を自慢しながら走り、公道に出たところでジョディを救出しにやってきた英国軍の装甲車に轢かれてジョディは死亡する。

慌てたファーガスはアジトに戻ろうとしたが、軍はそのままアジトを攻撃。

火だるまにし、跡形もなく消し去った。

逃げ延びたファーガスは海を渡ってロンドンに移り住む。

工事現場の仕事をしながら、美容院に勤務するデイルに接触した。

 

感想

まあ、ね… この映画の最大の秘密はもう有名なので、書いちゃってOKでしょう。

(そもそも【ネタバレあり】にしてるし)

だから初っ端で書いてしまいますが「デイルは男」です。

声でもなんとなく分かってしまうので、これだけだと「大した秘密じゃないじゃん」と思うのですが、演出というか“見せ方”がすごい。

デイルのヌードを「チッパイだなぁ」なんて眺めていると、カメラが徐々に下にいって…

 

局部がドーン!!

無修正でドーン!!(観る媒体によります)

 

(´⊙ω⊙`)

なんと強烈なインパクト。

アダルト作品でもないのに、ティンティンの どアップ

もう頭から離れない。どうしてくれよう (どうもしないけど)

 

とまあ、かなり強烈なシーンを物語のど真ん中に持ってきて話の流れが変わりました。

男を愛してしまって戸惑うファーガスの元に、生き残っていたジュードとピーターが接触してきます。

最高裁判事の暗殺を命じ、断ればデイルを殺す、というわけでファーガスは追い詰められてしまいます。

デイルに対して恋愛感情と嫌悪感が混ざっているファーガスの態度はおかしなことになっている状況なのに。

それでますますファーガスが身勝手に見えるんだけど、デイルも振り回されてばかりはいられません。

訳も分からず男装させられてホテルに軟禁。

ファーガスからすれば「君を守るためなのに~」ですが、その理由も聞かされないデイルからすれば「知らんわボケェ」と反発するのも道理。

フラフラ外出して自宅に戻って、ファーガスをベッドに縛り付けちゃいます

だからさぁ… この作品アダルトじゃないはずだよねぇ( ̄▽ ̄)

 

結局暗殺を実行することが出来なくなり、怒れるピーターが判事を殺しますがSPから返り討ちにあいます。

このシーン、ちょっと印象的。

銃弾を連続で受けるピーターの身体が、後ろ歩きに移動して倒れるんですよね。

こういうの初めて見ました。

 

シリアス作品なんですけどね、意外と「コレはギャグか?」と思える演出や展開が随所にあります。

前半のジョディが死ぬ場面なんかもそうなんですが、死ぬシーンが滑稽に描かれている印象です。

LGBTQの描写に抵抗がある方もいるかもしれませんが、そうでないなら面白く見られる作品だと思います。

 

他ニール・ジョーダン監督作品

「オンディーヌ 海辺の恋人」あらすじと感想【ネタバレあり】

他ミランダ・リチャードソン出演作品

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」あらすじと感想【ネタバレあり】

こちらもよろしくお願いします

「レザボア・ドッグス」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ベティ・ブルー インテグラル」あらすじと感想【ネタバレあり】

 

クライング・ゲーム [レンタル落ち]

中古価格
¥1,601から
(2020/8/8 08:18時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2020 All Rights Reserved.