「海辺のポーリーヌ」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

エリック・ロメール監督の「喜劇と格言劇シリーズ」で三番目に位置する作品です。

同じロメール作品「夏物語」のアマンダ・ラングレが主演のポーリーヌを演じ、ロメール作品に複数回起用されているアリエル・ドンバールパスカル・グレゴリーも顔を揃えます。

エリック・ロメール コレクション 海辺のポーリーヌ [DVD]

新品価格
¥4,477から
(2021/5/27 08:08時点)

あらすじ

15歳のポーリーヌは、年上の従姉マリオンと一緒にリゾート地ノルマンディーにやってきた。

パリに帰ったマリオンの兄が住んでいた家に滞在する。

静かな環境で仕事や読書に勤しみたいマリオンとは反対に、ポーリーヌは海辺での出会いを期待していた。

長い夏休みに両親とずっと一緒なんて、面白いことがあっても楽しくはない。

だから離婚したばかりだが美人のマリオンとバカンスを過ごすことにしたのだ。

さっそくふたりで海に繰り出すと、マリオンの友達ピエールに出会う。

彼は毎年ウインドサーフィンをしに来ているのだという。

そこへ、ピエールからウインドサーフィンを教えてもらう約束をしているアンリという中年男性も現れた。

アンリはオセアニア在住の民俗学者で、幼い娘を連れてきている。

家が近くだというアンリは、三人を食事に誘った。

彼もまたバツイチで、娘も普段は前妻とレンヌで暮らしている。

土地家屋は所有しているが、仕事柄、一カ所に留まることができず、女性関係も身軽で自由なものを求めていた。

それを聞いたマリオンは、もっと燃え上がる愛を求めていることを打ち明ける。

マリオンに片思い中のピエールは、パッと燃え上がる愛より、時間をかけた愛のほうが本物だ、という持論を出して牽制した。

明らかにマリオンはアンリに惹かれている、と察したのだ。

こんな年長者たちのやりとりを、ポーリーヌは黙って聞いていた。

話を振られて、ピエールの考えが自分に一番近い、と話す。

人となりを知らない人とは付き合えない、というのがポーリーヌの恋愛観だった。

その夜マリオンはアンリと過ごして彼に本格的に夢中になる。

しかしアンリはあくまで遊びの関係を望んでおり、真剣な恋愛を欲するマリオンを苦しめた。

一方、ポーリーヌは海でシルヴァンという同世代の男の子と親密になる。

互いに惹かれ合うが、マリオンが邪魔なピエールをポーリーヌに押し付けようとするし、キャンディ売りと浮気したアンリがシルヴァンを身代わりにしたことで、この恋が上手くいかなくなってきた。

 

感想

若い女の子に哲学を語らせるのが大好きなロメール監督。

この作品でも、マリオンが長ゼリフで、いかに自分が身を焦がす恋愛に憧れているかを語ります。

その相手として選んだのが遊び人のアンリ。

このオッサンのサイテーぶりは本人も認めているところだろうに…

真剣な恋愛は嫌っているって、初対面から言っていたのに何だかな~。

それでも惹かれる自分の気持ちを優先する、典型的な「若い時の過ち」あるある。

ピエールから説得されても無視して、この恋に突っ走りますが、結局アンリは陰で「マリオンにはウンザリ」と言ってキャンディ売りの女性ルイゼットと浮気します。

この浮気をごまかすために利用されたのがシルヴァン。

そのせいでポーリーヌまで傷つき、このオヤジにみんなが振り回されます

アンリ、おま… とムカつきつつ、アンリが引っ掻き回したおかげでこの映画、かなり面白くなっています

諸悪の根源のくせして、まるで第三者ヅラして場を取りなす卑怯者。

グワーッ! 因果応報カモン!

と思いますが、結局「仕事が入った」で逃げます。

卑怯男の常とう手段。

仕事を盾にして逃げるのさ♪

玉砕したマリオンも、シルヴァンとの仲を修復できなかったポーリーヌも、今年のバカンスはもういいや、と早めに切り上げて帰っていくところで映画終了です。

このエンドの現実っぽさ。

映画らしいドラマティックなハッピーエンドにもバッドエンドにもならない普通っぽさが、ロメール作品の特徴なんですよね。

BGMや効果音もなく、フランスの日常風景を切り取ったような場面作りが余計に「普通さ」を出し、彼ら彼女らは映画の登場人物ではなく、観客自身もしくは身近に存在している生身の人間である、と思わせます。

ロメール監督の他作品同様、派手さはなく (むしろちょっとダサい) 美しい風景と共に恋愛心理を映し出す。

フランス映画らしいフランス映画です。

 

パスカル・グレゴリー他出演作品

「譜めくりの女」あらすじと感想【ネタバレあり】

エリック・ロメール・コレクション DVD-BOX IV (飛行士の妻/美しき結婚/海辺のポーリーヌ)

新品価格
¥12,673から
(2021/5/27 08:09時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.