「交渉人」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

1998年公開。

サミュエル・L・ジャクソンケヴィン・スペイシーの演技派ふたりによる駆け引きが強烈なサスペンス映画です。

脇を固める俳優陣も、いろんな作品に顔を出している人たちばかりなので「あ、この人アレに出てた」とかチェックするのも面白いかと思います。

ニーバウム役の J.T・ウォルシュはこれが遺作となりました。

The Negotiator (字幕版)

あらすじ

シカゴ警察で人質交渉人をしているダニー・ローマンは、相棒のネイサンから信じがたい話を聞く。

厚生年金が横領されており、それに上層部も絡んでいるというのだ。

ネイサンにその話を持ってきた内偵者は、彼の警察学校時代の同期だというが、明確に名前を聞く前に邪魔が入ってしまい、後で二人きりで会う約束をする。

しかしダニーが待ち合わせ場所に着くと、ネイサンは殺されていた

ダニーが現実を認識できないうちに数台のパトカーが彼を取り囲んだ。

事情聴取は受けたがダニーはすぐに釈放され、ネイサンの葬儀で涙を流す。

横領犯がネイサン殺害犯に違いないと考えるダニーだったが、内務調査局のニーバウムが捜査令状を突きつけてダニーの家に押し入った。

そこには横領された年金と同額の海外口座の明細書があり、ダニーは嵌められたことに戦慄する。

署に連行されると、これまで仲良くしていた同僚たちは全員ダニーを白い目で見つめる。

停職となりバッジと拳銃を返還したその足で、ダニーは妻カレンと弁護士と一緒に連邦政府ビルに向かった。

判事室に通されて、証拠が出揃いすぎているため裁判をしても勝ち目がないことを諭される。

弁護士は1日だけ時間をくれるように判事にお願いし、翌日に必ず出頭することを条件に判事は了承した。

ずっと固い表情をしているダニーは、ロビーに着くとカレンに忘れ物を取りにいくと告げてエレベーターに戻る。

そして20階にある内務調査局に向かった。

局長室に乗り込み、ダニーはニーバウムの他、その場に居合わせていた警視フロスト・秘書マギー・情報屋ルーディを人質に立てこもった

すぐに署長はじめ警官隊やSWATが駆けつけてビルを包囲する。

しかしプロの交渉人であるダニー相手では、人質解放の交渉は上手くいかず、突入にも無理があり膠着状態となる。

ダニーは、自分との交渉相手に、別地区で交渉人をしているエリック・セイビアンを指名した。

 

感想

2時間20分近くある作品ですが、ダレるところがない名作です。

ダニーがセイビアンを指名した理由は、自分の仲間内には裏切り者がおり誰を信用していいか分からない。

そうなると一番信用できるのは、自分たちとは無関係の人物ということになるからです。

しかし呼ばれたセイビアンは、知らん人だらけの中でダニーのことも信用できません。

ご指名受けたからといって彼の仕事はダニーを助けることではなく、あくまで人質たちを解放すること

このお互いの心情の熱量差が、交渉時の妙になっています。

プロの交渉人同士で冷静に進められるかと思いきや、やたらと突入したくてウズウズするSWAT隊長とか、なんか邪魔くさい署長とかが割り込んでくるから、まあなかなか順調には進みません。

イラッとしながらも、この順調にいかないもどかしさがあるから飽きずに最後まで観られるんですよね。

ある意味、いい悪役(・∀・)

ホントはコイツが横領&殺人の犯人ちゃうんか~? と何度もミスリードされました。

邪魔が入りながらもダニーとセイビアンは数度に渡る交渉で、次第に真相に近づきます。

徐々にダニーの疑いが晴れるうちに、人質たちもダニーの味方につくように…

ストックホルム症候群を想起させる展開です( ̄▽ ̄)

いいんか、コレ?

実際に無実だから大丈夫なんでしょうかね… でも銃で脅されてるわけだし…

とはいえ救出された後のマギーの様子からすると、少なくとも彼女は演技だったようですね。

本気でダニーに肩入れしていたルーディはガッカリします。

まあこういう形の裏切りはよくあることだ。気にすんな、ルーディ (肩ポン)

 

ラストはダニーとセイビアンでバディになり、ニーバウムの家で証拠を探します。

で、来ますよ真犯人。当たり前だけど。

もう家主がいなくなったので銃撃し放題です。 ヒャッハー!

ですが、タイトル「交渉人」なんでね、銃でケリなんかつけません。

交渉術を使って、誘導で犯人にゲロリンチョさせて、みんなに聞かせるラストです。

ダニーに向けられていた白い目は、犯人のほうに切り替わりました。

殺されるよりツラたんかも…(´;ω;`)

しかし構成うまいな~、この映画。

以前はよく地上波でも放映されていたのですが、最近はやってない感じですね。

テレビ局の権利とか利権なんかは分からないけど、名作なんだからまた放映してもらいたいですね。

他ケヴィン・スペイシー出演作品

「ワーキング・ガール」あらすじと感想【ネタバレあり】

交渉人 [Blu-ray]

新品価格
¥4,800から
(2021/6/23 09:01時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.