「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

スウェーデン発で世界的ベストセラーとなった推理小説が原作です。

40年前の行方不明事件の真相解明を依頼された雑誌記者と、彼に興味を持つ凄腕ハッカーの女性がコンビを組んで謎を究明していきます。

2011年にハリウッドでも映画化されました。

ミレニアム ドラゴンタトゥーの女(字幕版)

あらすじ

大物実業家の不正を、自社の雑誌「ミレニアム」で暴いたことから名誉棄損で訴えられ、有罪判決を受けたミカエル

罠にかかってガセ情報を載せてしまったのだ。

禁固刑となったが、刑務所に入るまでまだ半年ほどある。

ミカエルはしばらく会社も謹慎し、クリスマス休暇を妹一家の家で過ごすことにした。

そこで一本の電話が入る。

相手は、複数の大企業を有するヴァンゲル・グループの元会長・ヘンリックの代理人であるフルーデ弁護士だと名乗った。

ヘンリックがミカエルに頼みたいことがある、と聞かされて彼が住む孤島へと向かう。

本土とは橋一本でしか繋がっていない。

ミカエルは、幼い頃に父に連れられてここに来たことがあることを思い出す。

 

ヘンリックの頼みは、40年前に失踪した姪のハリエットの事件を調査してほしいのだという。

彼は、ハリエットはすでに誰かに殺されている、と考えているが、先日、生前の彼女が作ってくれたときと同様、額に入れた押し花が郵送で届いたのだ。

犯人がハリエットの生存を偽装するためにやったのだ、とヘンリックは思っている。

ヘンリックは、犯人捜しをミカエルに頼み、40年間独自で調査した資料を全部彼に渡した。

ミカエルは島内の小屋を借り、ヘンリックから教えてもらったヴァンゲル一族の相関関係や写真資料を壁に貼り付け、事件全体を見ていく。

 

一方、仲裁に入っていたフルーデ弁護士は、今回の依頼に先立ってミカエルの身辺調査を、セキュリティ会社を通じて在宅サイバー調査員のリスベットに依頼していた。

彼女は依頼が終了してからも、なぜかミカエルへの興味が止まず、個人的に調査を続行する。

 

ミカエルはハリエットの日記に、5つのイニシャルと電話番号らしき記述を見つけ、何かの手がかりになると思ってパソコンに打ち込んだ。

ミカエルの打ち込み内容をずっとハッキングしていたリスベットは、彼がハリエットの事件を追っていることをすでに把握しており、その記述の数字部分が何を意味しているのか気が付いた。

彼女は居ても立っても居られず、ミカエルにメールを送る。

 

感想

この作品の原題が実は「女を憎む男たち」といって、女性蔑視に対する問題提起が作品全体のテーマになっています。

幼少期に父に火を点けたリスベットは、成年で経済的にも自立している今になっても、精神に問題ありと見られて後見人をつけられます。

これまで後見人になってくれていた人が脳卒中になったため、新たな後見人としてビュルマン弁護士をつけられました。

しかしビュルマンはリスベットの経済的な自由を奪い、性暴力で支配します。

反抗すれば虚偽の報告書を後見委員会に提出して施設送りにする、と脅されて大人しく従いますが、自身のIT知識と技術でその状態から抜け出せました。

ただし苛烈な性暴力を受けたことが引き換えになっています。

またハリエットの事件も、実はそれぞれ独立していると思われていた個々の事件が連続殺人だったと判明。

被害者は全員女性で、残忍な殺され方をしているのですが、根底にはやはりミソジニーがありました。

ちなみにリスベットは、短髪に革ジャン、ジーンズが普段の服装で、鼻ピアスを開けバイクを乗り回し、背中には竜の刺青が一面に彫られていて、女性であることやカタギであることを拒絶しているように見えます。

複数の男たち相手でも “暴力には暴力” で報復し果敢に立ち向かい、なんとなく彼女自身が自分の中の “女性性” を憎んでいるふうにも取れました。

何かのトラウマが引き金になったのか、誰かからそう教えられたのか、女性嫌悪・男性嫌悪を強く持つ人がいます。

トラウマ的な経験の積み重ねからの検証の結果で、そうした異性の気質を受け入れられなくてミソジニー及びミサンドリーになったとも考えられます。

こうしたジェンダー問題を真っ向から真剣に考えようとするとき、「なるべく感情的にならず中立性を持って」を念頭に置くのですが、思考が上手くまとまらず、どうにも苦戦します。

解決法が思いつかなくても、どこかに落としどころはないか、ずっと考え続けることになりそうです。

 

天才ハッカーのリスベットに掛かると、ミカエルの個人情報は丸裸にされます。

住所や家族構成、過去の経歴に現在の状況、銀行の預金残高、クレジットカードの使用履歴…

ネットから洗いざらい漁られ、プリントアウトされてフルーデに渡されました。

ハッキングによって真実が暴かれていき謎をどんどん解き明かしていくシチュエーションは、物語としてはすごく面白いし引き込まれるのですが、よく考えると誰でも個人情報を晒される危険がある、と思うと結構怖いことなんですよね(;´・ω・)

実際私はネットリテラシーが低いため、架空請求詐欺のメールに反応してしまったり、クレジットカードをネット上で第三者に勝手に使われていたこともありました。

こうしたトラブルがあったので、ライターの仕事を始める前、ネットを利用するのだから慎重にやろう、と思っていたのですが、最近は慣れからくる油断で脇が甘くなってきている気がします。

ネットに上げたものは半永久的に残ることや、ちょっとしたことで身バレしてトラブルに巻き込まれる事例が多いことを今一度わきまえて、自衛の気持ちを忘れずに自分を戒めようと決めました。

カードや携帯など契約している会社の方 で情報漏洩があったとか、自分でどうにもならないこともありますが、もう一度ネットリテラシーについて学び直してトラブルを未然に防ぐことを意識するいい機会になったと思います。

 

富豪一族のドロドロした人間関係や、その容疑者たちの中から犯人を探し出すフーダニットの推理劇、という点で古典的な王道ミステリーの味わいを持っています。

それでありながら、ネットを始めハイテクのガジェットを駆使してストーリーが進められていく、今の時代らしさが上手く融合されていました。

バイオレンス描写がなかなか過激で目を背けたくなるのですが、その痛みが伝わってくるからストーリーや人物設定に深みが出て感情移入がしやすく、かなり見ごたえのある映画でした。

 

同じスタッフで作られたこちらの作品もどうぞ

「特捜部Q 檻の中の女」あらすじと感想【ネタバレあり】

「特捜部Q キジ殺し」あらすじと感想【ネタバレあり】

ドラゴン・タトゥーの女 ミレニアム<完全版> [DVD]

新品価格
¥9,980から
(2021/9/23 17:20時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.