「深夜の告白」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

1944年公開。

ジェームズ・M・ケインの小説「殺人保険」を、ビリー・ワイルダー監督が、ハードボイルド作家で有名なレイモンド・チャンドラーと共同でシナリオを執筆したサスペンス作品です。

主演はフレッド・マクマレイ

彼を殺人計画に引き込む悪女を、バーバラ・スタンウィックが演じています。

1940~50年代に作られたモノクロの犯罪映画で、画面が暗い、夜が多い、ファム・ファタール(運命の女。男性を破滅に導く魔性の女、の意味合いが強いです)が登場する、といったフィルム・ノワールの特徴を全部網羅している傑作です。

どういうラストになるのか、まったく分からなくてグイグイ引き込まれました。

深夜の告白(字幕版)

新品価格
¥330から
(2021/5/25 07:28時点)

あらすじ

ロサンゼルス。深夜。

保険外交員のウォルター・ネフは、ひと気のないオフィスにやってきた。

同僚の保険調査員・キーズの個室に行き、録音レコーダーに彼へのメッセージを吹き込んでいく。

内容は罪の告白だった。

 

発端は2か月前。

自動車保険の更新のため、高級住宅街に住むディートリクソンの邸宅に伺ったウォルターは、妻のフィリスに一目惚れした。

モーションをかけても軽くいなされてしまうが、後日また訪問。

自動車保険以外にも、火事や地震などの損害保険の営業もかけるウォルター。

そのときにフィリスから、ディートリクソンの仕事は危険なことも多いので、傷害保険に加入した場合はどういう補填があるのか質問される。

そして夫に内緒で保険をかけられないか、と持ち掛けられてフィリスの狙いが分かったウォルターは怒りを露わにして帰宅した。

しかしフィリスがウォルターの家に夜やってくると、結局フィリスの魅力に抗うことはできなかった。

 

フィリスは後妻だった。

病弱だったディートリクソンの前妻の看護師として働いていたが、前妻が亡くなり、その後釜に座ったのだ。

結婚してみると分かったことだが、ディートリクソンは金持ちではあるがケチである。

フィリスが洋服やアクセサリーを購入するたび怒り出し、横暴な態度を取る。

そして遺産は、前妻との間の娘・ローラにしか残さないと知り、フィリスはディートリクソンへの殺意を募らせていた。

同情したウォルターは、自身が持つ保険の知識を応用して、フィリスが得をする形でのディートリクソン殺害計画を立てる。

 

感想

殺人計画はウォルターの主導で遂行されます。

その間、ふたりは周囲から自分たちの関係を悟られないように、注意深く密会を重ねて実行の手筈を練り上げていきました。

ウォルターのほうは、計画の成功のためにも、なるべく会わないようにしよう、とフィリスに言いますが、すっかりウォルターに夢中になっているフィリスは、我慢できずに会いにきてしまったりします。

ウォルターのほうも、そんなフィリスを愛おしく思うのですが、実行後はさらに彼にまとわりつきます。

罪の意識と、いつバレるかという不安感から、この気持ちを吐露できる唯一の相手・ウォルターに依存せずにいられなくなったのです。

不安を抱えている人は、気持ちを話すことができる数少ない人に密着してきます。

ひとりで対処できる人からは「周囲にバレたくないから離れてて」と思うのですが、ひとりで抱え込むには大きすぎる、と潰されそうになっている人は、自分のことしか見えなくなり、その行動はわざと周囲にバラそうとしているのではないか、というような破滅的な行動をとることがあります。

大それた殺人計画の共犯ではなくても、ちょっとした仕事のミスや、友人同士で目撃してしまったこと、などのささいなハプニングでも、こういったことはあり得ます。

一緒にワタワタと後始末をし、「い、今のは誰にも内緒ね。なかったことにしようね」と、お互いに人差し指を口元に立てて約束したのに、一方が蒸し返してきたり、やおら近づいてきてニヤニヤしたり…

落ち着かない気持ちからのおかしな行動、という点では一緒です。

分かり合える人と一緒にいて安心したい気持ちは分かります。

実際、犯罪者カップルだったボニー&クライドとかの絆の結束は強固で、お互い離れられない関係だったことでしょう。

しかし、相手が自分を裏切らないか、という監視の目にもなっているので、疎ましさはあります。

この作品でも、フィリスに警察からの疑いの目は向けられますが、ウォルターは安全圏にいました。

これ以上彼女と一緒にいては自分が危ない、とウォルターは思いますし、フィリスも「私はどうなるのよ!?」と必死です。

この、互いへの不信感がストーリーの胆で、面白い箇所だったりするのですが、現実で、しかも自分が当事者になると、なんとも居心地の悪い思いをします。

実際の犯罪での共犯関係なら仕方ないですが (まあまず滅多にないでしょうけれど) 、ささいなミスやハプニングなんかは、さっさと自分たちでフォローを済ませて忘れてしまいましょう。

 

字幕でいちいち訳されてはいませんが、ウォルターはフィリスに向かってやたら “ベイビー” と呼びかけます。

“ダーリン” でも “ハニー” でもなく、ベイビー。

始めのうちこそ、ただの恋人への呼びかけ (それにしてもしつこいな、とウンザリしましたが) だと考えましたが、徐々に精神が不安定になっている彼女を、子供を落ち着かせるのと同じ感覚で “ベイビー” と呼びかけているのかな、と。

そういったことから、ふたりは対等な関係ではなく、ウォルターが上にいる感覚がありました。

とはいえ、こういった恋人同士の呼びかけの種類はいくつもありますが、それで上下関係を表すわけではないので、要は状況と言い方でそう感じた、という話になります。

おそらくウォルターの、フィリスへの気持ちの変化が “ベイビー” という言葉の意味合いを変えさせたのだな、と思いました。

この心境の変化の過程も、観ていて面白かったです。

最後まで退屈しない傑作でした。

 

他ビリー・ワイルダー監督作品

「サンセット大通り」あらすじと感想【ネタバレあり】

「アパートの鍵貸します」あらすじと感想【ネタバレあり】

「麗しのサブリナ」あらすじと感想【ネタバレあり】

「情婦」あらすじと感想【ネタバレあり】

「七年目の浮気」あらすじと感想【ネタバレあり】

世界名作映画全集 深夜の告白 [DVD]

新品価格
¥1,900から
(2021/5/25 07:27時点)

深夜の告白 [DVD] FRT-118

新品価格
¥398から
(2021/5/25 07:28時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.