「メアリーの総て」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

「フランケンシュタイン」の作者メアリー・シェリーの、16歳から出版までの2年間を描いた作品です。

子役から活躍しているエル・ファニングが主人公メアリーを演じます。

「ゲーム・オブ・スローンズ」のアリア役で有名なメイジー・ウィリアムスも前半だけ顔を出しています。

メアリーの総て(字幕版)

新品価格
¥300から
(2021/9/13 13:08時点)

あらすじ

思想家の父が営む本屋で、本に囲まれて暮らしているメアリーは、怪奇小説が大好きな少女だった。

よく墓地に出向いては怪奇小説を執筆していた。

母は産褥により、メアリーを産み落とすと同時に亡くなっている。

父と同様、思想家でフェミニストだった母は、女性の権利向上を謳う著書を一冊遺していた。

この母の本もメアリーの大切な愛読書である。

しかし家事も店番もサボッて外出しているメアリーのことを、義母は嫌っている。

ある日、義母と大きく衝突したため、父はメアリーを知人のバクスター氏に預けることにした。

場所はスコットランド。

ロンドンから遠く離れメアリーは落胆するが、バクスター氏の娘イザベラと気が合い、スコットランドでの生活は楽しかった。

バクスター邸で読書会が開かれ、新進気鋭の若手詩人パーシー・シェリーと出会った。

初恋に胸をときめかせるメアリーだったが、実家から連絡が入り、義妹のクレアが病気で臥せっている、と知らされる。

メアリーは後ろ髪を引かれる思いでロンドンに帰郷した。

実はメアリーがいなくて寂しかったクレアは、仮病を使って彼女を呼び戻していたのだ。

真相を知って呆気にとられたメアリーだが、懐いているクレアを無下には出来ず、また実家で暮らし始めた。

ある日、父に教えを乞いたいと願う青年がやってくる、と聞かされる。

夕食を準備して待っていると、やって来たのはパーシーだった。

驚くメアリーに、パーシーは彼女に会いたくて来たことを告げる

両想いとなり、嬉しさに舞い上がるメアリーだったが、パーシーの妻と名乗るハリエットという女性が、彼との娘の手を引いて真っ向から対峙してきた。

メアリーの総て [Blu-ray]

新品価格
¥1,386から
(2021/9/13 13:09時点)

感想

メアリー16歳とパーシー21歳の爽やかカップル誕生ね♡ なんてヌルい目で見ていたのですが、実はパーシー妻子持ちと分かってから、加速度的にゲス野郎度が上がります

いや、こっちが穿った見方に変わったわけではなく、明らかに演出側のほうで演技を変えてきて、分かりやすくゲスに見えるようにしてきているんです。

それまでの爽やかさと、打って変わって。

これは… 不幸街道まっしぐら☆ と観ているこちらは分かりますが、恋情にたぎる16歳は止まれません。

妻子がいようがお構いなし。

「私も連れてって」と頼むクレアも連れてレッツゴー駆け落ち

駆け落ち前夜、お父さんが言った「子供を捨てる男だぞ」がすべてを語っています。

うん、配偶者を捨てるのは「互いに上手くいかなかったんだなぁ」と受け入れることはできますが (それでも捨て方次第だけど) 子供を捨てるとは「お前はゲスだ!カスだ!ゴミだ!」と心の中で罵倒一辺倒になりますね。

いろんな事情があって致し方なく、という人達はいますが、パーシーはどう考えてもそういうのじゃない

そんなクズ男パーシーとの暮らしは、身の丈に合わない贅沢とも相まって、どんどん苦しくなります。

しかも借金取りから逃げて、その際に子供を亡くすし。

一途なメアリーを尻目にパーシーは「自由恋愛」を標榜して、クレアともイチャつきだし…

こんな男やめとけ、と言われる相手は本当にやめておいたほうがいいんです

突き進んだ結果はコレですからね~…

だけど、メアリーには不幸のままでは終わらない運と胆力がありました。

クレアの伝手で縁ができた詩人・バイロン卿

ジュネーブの彼の別荘に滞在し、長雨の退屈しのぎで始まった怪奇小説執筆大会 (ティオダティ荘の怪奇談義)

メアリーはこれまでに温めていた「科学力で死者が生き返る」のネタを執筆することにします。

ここに、これまでパーシーから受けた仕打ちや、バイロン卿に手酷く捨てられたクレアの悔しさを受け取り、残酷な男たちをキャラクターの中に吹き込みました。

こうして生まれた「フランケンシュタイン」は、何度も断られたり、屈辱的な条件下での出版になりつつも、傑作として版を重ねます。

ずっと書き続けていたこと、そして辛く苦しかった心情を作品の中にぶつけたこと。

それらがメアリーの心と生活を救います。

傑作として今なお読み継がれ、派生やインスパイアされたものも数多く出ている「フランケンシュタイン」には、18歳の少女の当時の苦悩が集約されていました。

その生活と心の機微を余すところなく描いた映画です。

無駄がなく面白い作品でした。

ただ邦題が…

たった2年の出来事を「メアリーの総て」と言い切ってしまうのって、ちょっとなんか…

メアリーに失礼じゃないか? と思ってしまいました。

53年間のメアリー・シェリーの生涯で、確かに彼女の人生で一番激動の2年ではあるけど、他の51年間は「無いも同然」と暗にほのめかしているような、なんだかデリカシーに欠けた邦題だな、と。

観終わった後にそんな感想が湧いてきました。

 

こちらもよろしくお願いします

「エド・ウッド」あらすじと感想【ネタバレあり】

「ドラキュラ」あらすじと感想【ネタバレあり】

 

メアリーの総て [DVD]

新品価格
¥945から
(2021/9/13 13:09時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.