「ビッグバンセオリー」season3 第19話~第23話

2021/11/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

些細なことでレナードとペニーは破局してしまいます。

ハワードとバーナデットもいつの間にやら別れていました。

なのにシェルドンに彼女が出来そうな雰囲気です ( ゚Д゚)エー!

 

ビッグバン★セオリー 3rdシーズン 後半セット (13~23話・3枚組) [DVD]

新品価格
¥1,490から
(2020/6/30 07:20時点)

Huluで今すぐ視聴!2週間無料トライアル実施中!

 

第19話「ウィル・ウィートンとカップルのタイミングの法則」

All right, fence mended. Problem swept under the rug.

「良かった、これで仲直りだ。水に流せたな」

レナードとペニーの間に気まずい空気が流れますが、とりあえず二人で話し合い、ふたりの関係に問題はないと言い切ります。

盗み聞きしていたシェルドンは、これでひと安心して彼らをボーリング大会に引っ張り出すのでした。

形は変わっていますが、mend fencesで「壊れた人間関係を修復する、人と仲直りする」です。

そして sweep under the rugは「(問題や困難を) 隠す、見て見ぬふりする、後回しにする」というイディオムです。

本当はこのカップルの問題は解決していないけど、それは一旦目をつぶってやり過ごし、とりあえずボーリング大会に出ろ、ってことですね。

シェルドンらしいエゴ (;^ω^)

 

第20話「イタリアンな語り合いの法則」

sweet and sour pork

「酢豚」

この4人、中華調理が好きなんですよね(・∀・)

 

Thanks for seeing me on such short notice.

「急だったのに会ってくれてありがとう」

寝ている最中のレナードのところに無理やり押しかけてこのセリフを吐くシェルドンです。

on short noticeは「急に、間際に」を表します。

 

第21話「天才女性物理学者がお泊りした場合の法則」

Seeing Eye dog

「盲導犬」

米企業の商標になっています。

ティッシュのことをアメリカでは「クリネックス」と言うのが一般的ですが、これも商標が一般言語になった例です。あとサランラップとか。

 

I’ll be playing host to Dr. Elizabeth Plimpton.

「エリザベス・プリンプトン博士をお呼びするんだ」

play host toは「~の主催者・ホストを務める」です。

 

maxi pad

「生理用ナプキン」

sanitary napkin というのは知ってましたが、この言い方は知りませんでした…

 

Have I fallen victim to marketing hype?

「ぼくは誇大広告に騙されてると思う?」

fall victim toで「~の犠牲になる、被害に遭う」です。

それからmarketing hypeは「派手な売り込み」になり、hypeだけで「誇大広告」を表せられます。

media hype (メディアによるゴリ押し) もよく使われる表現です。

 

Excuse me, I’m going to relieve myself.

「失礼して用を足してくるよ」

relieve oneselfは「排尿する」の婉曲表現です。

「(困難から) 解放する」のrelieveが使われる理由、なんか分かりますね(;´∀`)

 

第22話「オタク4人の出会いの法則」

You are so naïve.

「君は何も知らないからだよ」

シェルドンと喧嘩してペニーの部屋にやってきたレナード。

窘めるペニーにレナードはこう言い返します。

日本語と英語とで意味が違う単語というと真っ先に挙げられるnaïveです。

英語では「世間知らずの、単純な」という意味で、使わない方がいい、と書籍などでは書かれていますが、こうして面と向かって言う場合もあるんですね。

 

第23話「春来る? ギークなボクにも恋愛法則」

In what universe is this low – pulp?

「こんなのが果肉少なめなんて、どこの世界の話だよ」

果汁多めのオレンジジュースを飲んで酸っぱい顔しているシェルドンのセリフです。

pulpには「果肉」の意味があります。

 

Are you willing to risk it?

「賭けてみるかい?」

シェルドンの部屋に、屋上で見つけた汚い靴下を隠した、というラージ。

ウソだ! と言うシェルドンに、腕組みしながらこう言いました。

be willing toは「(条件次第で) ~する意思がある」という意味で、試験などにもよく出る重要イディオムです。

 

tepid water

「ぬるま湯」

ここでは飲料のことなので、「常温の水」になっていました。

 

season3はここまでです。

お付き合いいただきありがとうございました。

Huluで今すぐ視聴!2週間無料トライアル実施中!

前回はこちら

「ビッグバンセオリー」season3 第13話~第18話

 

ビッグバン★セオリー <サード・シーズン> コンプリート・ボックス (6枚組) [DVD]

新品価格
¥9,928から
(2020/6/30 07:21時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2020 All Rights Reserved.