海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

「ピンクパンサー」 (2006年) あらすじと感想【ネタバレあり】 ゴージャス昭和テイスト

2022/10/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

往年の名作コメディシリーズをリブートした作品です。

監督は「ナイトミュージアム」シリーズのショーン・レヴ

名物キャラクター・クルーゾー警部を演じる主演のスティーブ・マーティンは脚本にも参加しています。

その他、ケヴィン・クライン、ジャン・レノ、歌手のビヨンセらも登場。

セリフがない最初の被害者をジェイソン・ステイサムがカメオで出演し、豪華キャストを贅沢に使っています。

ピンクパンサー [DVD]

中古価格
¥2,550から
(2022/10/9 15:29時点)

あらすじ

フランス国家警察主任警部ドレフュスは、もう7回も候補に挙がっていながら未だ名誉勲章を受章していない。

そんな彼がサッカー国際親善試合の観戦に招待された。

フランス対中国の決勝戦の熱い試合である。

仏チームのコーチ、イヴ・グリュアンは世界的歌姫である恋人ザニアを伴ってチームに檄を飛ばす。

彼の指には「ピンクパンサー」と呼ばれる巨大なピンクダイヤが光っていた。

サドンデスの末、試合は仏チームが勝利。

選手たちがグリュアンを囲んで喜び合っていると、突然グリュアンが倒れた。

死んでいる。

彼の首には毒矢が刺さっており、そしてピンクパンサーが無くなっていた

衆人環視の中でセレブが殺されたこの事件は、連日ニュースになり、ドレフュスはチャンスと見る。

「意欲的に捜査はするが無能な人物」をマスコミへの囮にし、その裏で自分は精鋭の捜査隊と共に殺人犯を捕まえてピンクパンサーを取り戻す。

そうすれば今度こそ名誉勲章が手に入る、と考えたのだ。

そしてその囮役に、田舎の警察官ジャック・クルーゾーが選ばれた。

ドレフュスは彼を警部に昇級させ、この事件の陣頭指揮を執るように命令した。

立派な個室を与えられ、ニコールという可愛い秘書もつけてもらってご満悦のクルーゾー。

そしてポントン刑事が “相棒” の名目でやってくる。

実際にはお目付け役としてドレフュスに派遣されてきたのだ。

 

毒矢が放たれた方向から、犯人は中国人だとドレフュスは目星をつける。

ドレフュスがグリュアンと中国の関わりから調べる方向性にした一方、クルーゾーはザニアに話を聞きに行った。

そしてザニアから、サッカー選手のビズがグリュアンを恨んでいた、と聞かされる。

今度はビズに会いに練習場に出向き、ヘッドコーチのバンキア、トレーナーのユーリらからも話を聞いて、ビズを取り調べに引っ張ってきた。

そこでビズからは、グリュアンと共同でレストランを経営しているラロックという男が怪しいと聞いてレストランに行くことにした。

しかし今度は、釈放されたビズが練習場のシャワールームで殺される。

オリジナル・サウンドトラック「ピンクパンサー」

中古価格
¥1,152から
(2022/10/9 15:31時点)

感想

初っ端から昭和テイストなギャグが連発で出てきます。

それも本編が始まる前から

MGMのロゴのあのライオンが押しのけられてアニメキャラクターに場所を奪われるところからすでにピンクパンサーワールドが始まっている徹底ぶり。

もうこれだけでワクワクしますー♪

難しいこと考えずに楽しめました。

ビヨンセの歌に合わせてマーティンとレノがクネクネ踊る姿なんて、おバカ映画ならではの贅沢シーン!

ふたりの衣装がひどいこともあって、すごいゴージャス感のあるバカシーンです (≧▽≦)

全編通してずっと細かいギャグを積み重ねていきますが、ラストでは畳み掛けてきます。

クルーゾーのせいで入院になったドレフュス。

入院してもクルーゾーのせいでベッドが大移動して大怪我の上にさらに大怪我を重ねる不幸w

「奇人たちの晩餐会」もそうだったけど、バカを馬鹿にしている人間がそのバカのせいで馬鹿を見るっていうオチ、ほんとみんな好きだな~

ええ、もちろん私も大好きです♡

しかもクルーゾーは頭が悪いわけじゃないから、ちゃんと捜査して殺人犯を捕まえてピンクパンサーも見つけちゃうんですよね。

偶然が味方したおかげもあるけど。

犯人の動機が弱いしザニアを狙う理由もよく分からなかったけど、まあバカ映画だしこれでいいでしょ☆

クルーゾーがピンクパンサーを見つけたときも、観客にはヒントを見せていないから謎解きでもないわけで。

ニューヨークでアメリカンになりきるために発音練習をするシーンなど、ちょっとクドく感じるギャグもありますが、このしつこさも昭和テイストと思えばまあ許容範囲です。

オリジナルを知らなくても十分楽しめる映画でした。

豪華キャストのおバカ演技や綺麗な映像、オープニングのアニメやお馴染みテーマ曲にビヨンセの歌…

大満足です♪

2006年映画パンフレット THE・PINKPANTHER ピンクパンサー スティーブ・マーティン ケヴィン・クライン ジャン・レノ ビヨンセ・ノウルズ

中古価格
¥500から
(2022/10/9 15:32時点)

他ケヴィン・クライン出演作品

「ソフィーの選択」あらすじと感想【ネタバレあり】サバイバーズ・ギルトについて考える衝撃作

他ジャン・レノ出演作品

「レオン 完全版」あらすじと感想【ネタバレあり】レノとポートマンの知名度爆上がりアクション

「ルビー&カンタン」あらすじと感想【ネタバレあり】レノとドパルデューでコミカル・バディ

「ダ・ヴィンチ・コード」あらすじと感想【ネタバレあり】歴史と芸術と宗教と

「ニキータ」あらすじと感想【ネタバレあり】非情になれない彼女の涙

他ジェイソン・ステイサム出演作品

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」あらすじと感想【ネタバレあり】

 

ピンクパンサー [DVD]

中古価格
¥2,550から
(2022/10/9 15:29時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2022 All Rights Reserved.