海外ドラマに出てきた英語表現を紹介したり、映画や本のレビューを書いている雑記ブログです。

海外ドラマ「フレンズ」で英語学習 season8 第7話~第12話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

マット・ルブラン自身も驚いたという、ジョーイがレイチェルを好きになる展開が始まります。

個人的にはロスよりジョーイが好きなので応援してました。

フレンズ シーズン1-10 全巻Blu-rayプレミアムBOX (21枚組)

新品価格
¥19,180から
(2022/6/10 09:32時点)

第7話「ロスは “エーゼル” ?」

She’s a tough old bird.

「母は強い人なの」

死んだと思っていたロスのアパートの住人の部屋にやってきたロスとレイチェル。

危篤だけどまだ生きている、と娘さんから聞かされます。

old birdは「用心深い人」をいいます。

 

第8話「お騒がせバチェラー・パーティー」

Am I going in the wife Hall of Fame or what?

「私ってば妻として完璧じゃない?」

チャンドラーのためにバチェラー・パーティーを開くことにしたモニカ。

ストリッパーまで手配済みです。

Hall of Fameで「殿堂」になります。

 

第9話「ブラピの “ヘイト・クラブ” 」

You fall for it every time.

「毎回だまされるよね」

育児書を読むジョーイのウソを信じて慌てるレイチェルをからかっています。

fall forは「騙される、ひっかかる」の意味があります。

 

Rachel’s having her aversion to poultry.

「レイチェルは鶏肉が大嫌いだし」

今年の感謝祭では七面鳥をやめることにした、と言うモニカにジョーイは猛反発します。

でもフィービーはベジタリアン、チャンドラーは感謝祭料理がそもそも食べられない、でレイチェルもコレ。

aversionは「嫌悪」poultryは「家禽」です。

 

I’m a commodities broker.

「商品取引員をしているんだ」

高校時代の同級生ウィルに現在の職業を聞きます。

commodity brokerは先物取引で投資家を勧誘する「商品取引員」のことをいいます。

 

Really got that sexy smoldering thing goin’ on.

「色気がにじみ出ているわ」

ウィルを見たレイチェルはイケメンぶりにときめきます。

太っていた高校時代にいじめられた恨みでレイチェルを睨みつける彼の視線をセクシーなものと勘違い。

主語He’s が省略されていますね。

smolderingは「くすぶる、性的欲望を内包している」です。

 

She put you on the map.

「おかげで、校内で名が知られるようになったじゃない」

高校時代、ロスが50歳の図書館員の女性を付き合っていたことを周囲に喋りまくったレイチェル。

噂の出所が分かってロスは激怒しますが、モニカが取りなします。

put someone / something on the mapで「(人・物) を有名にする」というイディオムになります。

 

第10話「モニカのブーツ」

playpen

「ベビーサークル」

 

Every cloud has a supple leather lining.

「絶望の中にもブーツがある」

モニカが家賃以上のお値段のブーツを買ってご立腹のチャンドラー。

どうしてもブーツを手放したくないモニカに、イヤミを垂れます。

Every cloud has a silver lining. は、ことわざ「苦あれば楽あり、絶望の中にも希望がある」のことです。

この文の中の「希望」部分silver lining を supple leather 「皮革」に変えて冗談交じりのイヤミになっています。

 

All I’ve heard is that Ben’s a bit of a poo-poo head.

「聞いたところ、ベンはすごく意地悪だそうね」

スティングの息子ジャックと、ロスの息子ベンは同級生ですが、すごく仲が悪いとのこと。

どうしてもスティングのコンサートチケットが欲しいフィービーは、母親のフリをして学校に入り込みます。

そこで親同士で話をするように担任教師に勧められ、スティング宅にやってきました。

スティングの妻トゥルーディ (本物) は話し合いでいきなりこう切り出します。

poo-poo headはスラングで「すごく意地悪」のことをいいます。

 

That does put us in quite a pickle.

「それは困ったわね」

どうしてもスティングに会いたいフィービー。

いまは不在と聞いて、金曜日はどうかと聞くと、その日はコンサートだと言われます。

そのコンサートのチケットがほしいのに…

in a pickleは「困っている」です。

何度も書いているはずなんですが、一向に覚えられない… (;´Д`)

 

第11話「クリスマスカードはまだ早い?」

bowl haircut

「マッシュルームカット」

 

Hey, you were a closed book, okay?

「君が謎だらけだったからだ」

交際中のモナから、いま自分たちの付き合いはどのくらい進展しているのかを訊かれたロス。

なんでそんなことを聞くんだ、と仲間たちにグチをこぼしたら、レイチェルから「アナタも交際中に私に訊いてきた」と言われてしまいました。

closed bookで「理解しがたい・得体の知れない人物、不可解なこと」をいいます。

 

第12話「ジョーイの新しい恋」

c–section

「帝王切開」

 

今回はここまでです。

お疲れ様でした。

 

前回はこちら

海外ドラマ「フレンズ」で英語学習 season8 第1話~第6話

 

フレンズ シーズン1-10 全巻セット(21枚組) [Blu-ray]

新品価格
¥13,750から
(2022/6/10 09:33時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2022 All Rights Reserved.