「スーパーガール」season3 第7話~第9話

2020/01/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

モン=エルが再び登場。
そしてサムの正体も明らかになります。

第7話「ウエイク・アップ」

Stand back.

元はイディオムで「後ろに下がる、距離を置く」という意味です。
この一言だけで周りの人に「下がって」と注意する声掛けになります。

 

I got shot and it didn’t puncture my skin.

punctureは「(とがったもので)刺す、穴を空ける」です。
「私は撃たれたのに、肌に穴が空かなかった」つまり無傷だった、という人間離れした自分の身体にサムは恐れ慄きます。
銃弾は先端に丸みがあるから、あまり“とがっているもの”という感じがしなかったけれど、対象に穴を空けるのでpunctureが使えるのでしょうね。
他に「パンクする」という意味があります。
というか、発音からしても、こっちのほうが本来の意味かもしれません。

 

He’s been a little distant.

7ヵ月ぶりに再会したのに、モン=エルの態度はよそよそしく、カーラは寂しさと不安をジェームズに吐露します。
distantは「遠く離れた、距離がある」。
物理的なことだけではなく、人と人の心の距離にも使えるんですね。

 

Leave us in charge.

in chargeはよく後ろにofをつけて「~の担当で」というときに使いますよね。
そこに「去る、残る」のleaveを命令形で持ってきたことで、ウィンはジョンに「ぼくらに任せて」と言って、父との外出を渋る彼の背中を押しました。
休みを取る同僚の代わりを請け負うときに言うとスマートな感じです。

 

How could you have changed so much?

なぜそんなに変わったの?」とよそよそしいモン=エルにカーラは問い詰めます。
私は「なぜ?」と理由を訊きたいとき、いつもWhy~?しか頭に浮かばなくて、How~?がなかなか出てきません。
Howを使ったほうがこなれた感じがしていいですよねぇ。←勝手なイメージ?

第8話「クライシス・オン・アースX パート1」

この話は特別編で、「フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「アロー」など、他のDCコミックス系ドラマとのクロスオーバーになっています。

 

RSVP

結婚式を挙げるフラッシュことバリーは招待状を各ヒーローたちにも送っていました。
まだ出欠の返事を寄越していない人たちがいて、カーラもその一人。
気をもむバリーの婚約者は「まだ返事を寄越していない人がいるのよ」と愚痴ったときに使った言葉です。
RSVPは「返信よろしくお願いします」の略語です。
問い合わせのメールなどで使えますね。
ちなみに元の形はフランス語。
SVPの部分は、日常&旅行フランス語会話でもよく出てくる「シル・ヴ・プレ」でした。

 

I just called off my engagement.

call off は「取り消す、中止する」というイディオムです。
結婚やめたい、とか… 一体何があったのか…

 

To making things go away.

カーラ同様、マギーと別れてヤケ酒をあおるようにパーティー会場のお酒を飲むアレックスに、サラという美女が声をかけます。
事情を聞いたサラは、このセリフでアレックスに乾杯を促しました。
字幕では「傷が癒えますように」でした。
辛いことがあった人に言いたいセリフです。

第9話「レイン」

A legion of superheroes.

モン=エルと妻のイムラは、31世紀の未来で戦っていました。
彼らが自分たちの組織を「リージョン」と呼んでいる、と聞いてウィンは面白そうに「スーパーヒーロー集団じゃん」言いました。
legionは「軍団」なので、戦う人達にピッタリの単語ですね。
同じDCコミックスからの映画「ジャスティス・リーグ」なんかに使われているleagueはどうなのか? と思ってみたら、こちらは「同盟、仲間、競技連盟」ということで、戦いに特化したような感じではないようです。
関係ないけど、イムラという名前から肉まん・あんまんが頭に浮かびます。
これからの季節おいしいよね(*´Д`)

 

Sounds formidable.

上のウィンのセリフの次に、ジョンはリージョンについてこう感想を述べます。
どうもformidableは「手強い、恐るべき」と、あまりいい意味ではないですが、ジョンの感心したような言い方からすると、無敵のようで頼もしい、というニュアンスがありそうです。

 

You might be here for a while.

船が壊れて未来に戻れないモン=エルたちに、ジョンはしばらくこちらの世界にいるように進言します。
それを援護するようにアレックスは「時間がかかるかも」と、しばらくここに滞在することを示唆しています。

 

bird’s-eye view

上空からの全景「鳥瞰図」のことです。

 

smite

打ち負かす」です。
ワールドキラーことレインに勝ってくれ、とスーパーガールに信者が懇願するときに使っていました。
魅惑する」という意味もあります。

 

If that’s true, where have you been?

レインもまたクリプトン星からポッドで脱出してきて地球に来たのだと聞いて、カーラは「それが本当なら、目的は?」と聞きました。
後半のwhere have you been? の部分で「どこにいたの?」と思い込みそうですが、レインの返答が“Dispensing justice.”「正義を為すこと」なので、「どこ」ではおかしいんですね。
whereには「どういう立場で」という意味もあり、疑問副詞で不明な状況を聞くこともできます。

 

Take your best shot.

世界の統治者となり、悪人とはいえ非情な加虐をするレイン。
悪人にも改心を求めようとするスーパーガールを甘いとみて、この世界に「正義の鉄槌を下す」と宣言します。
それを聞いたスーパーガールは「やってみれば?」と挑発しました。
take one’s best shotは、元は「最善を尽くす」というイディオムです。
同じ意味にgive it one’s shot があります。

SUPERGIRL/スーパーガール 3rdシーズン 後半セット (2枚組/15~23話収録) [DVD]

新品価格
¥1,506から
(2019/11/20 11:26時点)

↓続きはこちら

「スーパーガール」season3第10話~第13話

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2019 All Rights Reserved.