伝説のロックバンド「クイーン」の魅力を再確認【2】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

前回はこちら

伝説のロックバンド「クイーン」の魅力を再確認【1】

 

日本での熱狂的な人気ぶりを目の当たりにして、日本大好きになったと同時に、自分たちを粗末に扱う契約会社との契約を打ち切ったクイーン。

新しいマネジメントの元、心機一転して制作されたニュー・アルバムには、ロックの常識を覆す実験的な名曲が入っていました。

「ボヘミアン・ラプソディ」

伝記映画のタイトルにもなったクイーンの代表曲です。

曲名を知らなくてもオペラパート前のサビ部分「ママ~~~♪」を聴けば、「あぁっ、聴いたことある!」と思い当たる方も多いと思います。

ロックとオペラを融合させるという、凡人では思いつかない合わせ技。

そこにジョン以外のメンバーのコーラスの伸び(特にロジャーの高音がすごい)、音楽を聴いているのに観劇をしているようなストーリー仕立ての構成。

そしてレッド・スペシャルを中心としたクイーンサウンドで、約6分の長尺曲!

すべてが規格外のこの曲は、スタッフもシングル・リリースすることを躊躇しました。

しかしメンバーは、断固としてこの曲は編集でカットするようなことはしない、とプロらしい妥協のなさを見せます。

 

そんなクイーンに救世主ともいうべき人物が現れました。

全英で人気のDJケニー・エヴェレットがこの曲を気に入って、週末だけで14回もラジオ番組でオンエアしてくれたのです。

おかげでまだリリースされていないにも関わらず、月曜日にはイギリス中のレコード店に人が溢れて予約が殺到したそうです。

「ボヘミアン・ラプソディ」はこの後9週に渡って全英1位に居座り続けるという快挙を成し遂げます。

この曲が収録されているアルバム「オペラ座の夜」もクイーン初のアルバム・チャート首位を取りました。

【Amazon.co.jp限定】オペラ座の夜 (特典:メガジャケ付)

新品価格
¥2,305から
(2021/1/3 10:57時点)

「オペラ座の夜」には他にも、コンサートで必ずオーディエンスも一緒に歌う「ラブ・オブ・マイ・ライフ」や、ジョンの優しい性格が滲み出ている「マイ・ベスト・フレンド」などが収録されています。

個人的にジョンが作詞作曲したものは素朴で可愛い曲が多くて大好きです。

 

可愛かったりハードだったり壮麗だったり実験的だったり…

いろんな印象を受ける曲がごった煮のように詰め合わされながら、全てクイーンらしい音になっている。

多様性とオリジナリティが上手く共生しているところもクイーンの魅力だと思っています。

 

ヒット連発の快進撃

音楽史上に燦然と輝く名曲を作ったクイーンですが、一発屋で終わらないスケールの大きさも強みです。

その後も名曲と言われるヒット作を何曲も作っています。

代表曲をアルバムごとに見ていきたいと思います。

(私個人の好みもちょっと入ってます。すみません)

 

【華麗なるレース】

【Amazon.co.jp限定】華麗なるレース (特典:メガジャケ付)

新品価格
¥2,305から
(2021/1/3 10:59時点)


ブライアン作のハードロック・ナンバー「タイ・ユア・マザー・ダウン」から始まって否が応でもワクワク感を盛り上げていきます。

今度はロックとゴスペルを融合させて壮麗な雰囲気を盛り上げる「愛にすべてを」や、日本語歌詞を入れて、日本のファンに向けて作った「手をとりあって」などが収録されています。

だけど前作の勢いが凄すぎて、守りに入ったような印象は否めません。

インパクトとしてはそんなに強烈ではないアルバムです。

 

【世界に捧ぐ】

【Amazon.co.jp限定】世界に捧ぐ (特典:メガジャケ付)

新品価格
¥2,305から
(2021/1/3 11:01時点)

お待たせしました。

もうスポーツシーンなどを中心に誰もが耳にしたことがあるスタンダード・ナンバー2曲が収録されています。

「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」

この二つはよく続けて歌われることが多いのですが、このアルバムでも1曲目と2曲目で続けられています。

泥臭く戦って力強く立ち上がり勝利した後の王者の風格、という感じの一本のストーリーみたいに思えるからでしょうか。

セットで歌われていないと拍子抜けしてしまいますね。

隠れた名曲「永遠の翼」は落ち込んでいる人を励ますジョンらしい曲をフレディが優しく歌い上げます。

 

【ジャズ】

ジャズ(SHM-CD)

新品価格
¥2,075から
(2021/1/3 11:03時点)

爽やかで疾走感のあるメロディーラインから、日本のCMにも多く使われている「ドント・ストップ・ミー・ナウ」が入っています。

実は歌詞は爽やかとは真逆なんですけどね…(;^ω^)

それでもこの曲があまりにも魅力的で、もうとっくに他界していましたが、ライブ映像のフレディと一緒に歌いたくて歌詞を丸々全部覚えました。

日本のアーティストの曲ですら覚えたことないのに、こんなこと出来たのは後にも先にもこの曲だけです。

そして「愛にすべてを」に続いて、またもゴスペル調を今度はポップに攻めた「ファット・ボトムド・ガール」、テレビ番組で自転車レースの話題のときのBGMに使われることもありますが、当時はどちらかというとMVのほうが話題になった「バイシクル・レース」なども組み込まれています。

ヒットではないですが特筆すべきは1曲目の異色作「ムスターファ」

歌詞カードに“歌詞掲載不可能” “翻訳不可能”なんて書いてあるの初めて見ました。

アラビア調のメロディーですが、かなりテンションが高まるアップテンポな曲でカッコいいです。

でも何を言っているのかはまったく分かりません。

 

【ザ・ゲーム】

【Amazon.co.jp限定】ザ・ゲーム (特典:メガジャケ付)

新品価格
¥2,305から
(2021/1/3 11:05時点)

このアルバムからはシングルカットされた曲が多いので、聞き覚えのある作品が随所にあるかと思います。

エルヴィス・プレスリーを髣髴させるロカビリー調の曲「愛という名の欲望」、ジョンにしてはトガッた感があるけれどベース・ラインがカッコいい「地獄へ道づれ」など。

曲の雰囲気に合わせたのか、アルバム・ジャケットの写真は、メンバーが珍しくシンプルな革ジャンとジーンズというファッションで並んでいる姿です。

そして初めてアメリカでもチャート1位を獲れた「プレイ・ザ・ゲーム」

バラードながらライブ時にステージ上のフレディがよく動く「セイヴ・ミー」など、充実のラインナップになっています。

 

 

この後、映画「フラッシュ・ゴードン」のサウンドトラックも発売されますが、最初と最後の2曲以外はインストルメンタルなので割愛します。

フラッシュ・ゴードン(SHM-CD)

新品価格
¥1,766から
(2021/1/3 11:07時点)

それから彼らは政情不安な国々を周る南米ツアーを行なったり、グレイテスト・ヒッツをリリースして結成10周年をお祝いしたり、と意欲的に活動していました。

そしてファンをザワつかせた異色アルバム「ホット・スペース」が作られます。

【Amazon.co.jp限定】ホット・スペース (特典:メガジャケ付)

新品価格
¥2,305から
(2021/1/3 11:08時点)

解散危機がやってきた

 クイーンは数年前から税金対策もあり、レコーディングはスイスのスタジオを中心にしていました。

アルバム制作となるとやはりしばらくは住むことになるわけですから、文化も少し傾倒していきます。

当時はユーロビートが流行っていた頃で、クイーンも感化されて、それが次のアルバムの趣向を決定づけました。

「ホット・スペース」は、ユーロビートのアルバムと思えば優れていると思います。

(個人的にはこのアルバム好きです。一時期ユーロビートばかり聴いていたことがあるので耳馴染みが良かったせいかも)

ただし「クイーンの曲」という観点で見ると…

レッド・スペシャルのおかげでほとんど使わずに済んでいたシンセサイザーを全曲に使いクイーンの特徴であるギターが生きない。

ドラムも打ち込みだけで多様性が生きていない。

など、クイーンらしさを消してしまっているのです。

クイーンが実験好きでチャレンジャーなことを知っているファンですらソッポを向いてしまい、大失敗に終わってしまいました。

デヴィッド・ボウイとの共作「アンダー・プレッシャー」だけが唯一ヒットに繋がっています。

 

この失望感と、年の大半をツアーに費やす日々に、さすがに疲弊してきた彼らは切実に休暇を必要としていました。

特にブライアンとロジャーがスタジオ内でケンカすることが多くなり、ピリピリした空気が常に覆っている状態でした。

このままでは解散になりそうだったところ、メンバー全員で決めました。

「しばらく休んで、英気を養ったら、また集まろう」

 

【3】に続きます。

伝説のロックバンド「クイーン」の魅力を再確認【3】

 

クイーン ヒストリー 1973-1980(字幕版)

新品価格
¥400から
(2021/1/3 11:12時点)

クイーン ヒストリー2 1980-1991(字幕版)

新品価格
¥2,000から
(2021/1/3 11:13時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2021 All Rights Reserved.