「気狂いピエロ」あらすじと感想【ネタバレあり】

2021/09/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

1965年公開の、ヌーヴェルバーグを代表する一作です。

監督はジャン・リュック・ゴダール

主演はジャン・ポール・ベルモント

↓この記事でも触れていますが、ヒロイン役のアンナ・カリーナが魅力的です。

“ゴダールのミューズ”アンナ・カリーナさんの訃報を受けて その魅力とオススメ映画も紹介

気狂いピエロ [DVD]

新品価格
¥949から
(2020/8/5 07:59時点)

あらすじ

テレビ局を解雇されたフェルディナン

彼の妻は、仕事の口利きをしてもらうことを目的に、彼をパーティーに連れていく。

案の定退屈なパーティーで、彼は一足早く帰宅した。

そこで娘のシッターをしていた、かつての愛人マリアンヌと再会する。

彼女はフェルディナンを“ピエロ”と呼んでからかう唯一の人物だ。

フェルディナンは彼女を家に送り、そしてそのまま一夜を過ごした。

パーティー同様に、平凡で退屈な結婚生活からフェルディナンは抜け出したかった。

そして朝。

寝室の隣に男の死体がある。

加えて、マリアンヌを囲っているマフィア・フランクが訪ねてきたところ、フェルディナンが協力してマリアンヌがフランクを殴殺する。

ふたりはフランクの車を奪って逃亡した

南仏にいるマリアンヌの兄レッドの元に行ってお金を借り、それから遠くに逃げるつもりだった。

途中、田舎道の広野で、事故で死亡したと見せかけるため、ふたりは車を炎上させる。

しかしその車にはマフィアのお金が積まれていた

金を追ってマフィアから追われていることに気づかないふたりは、海辺の田舎町に腰を落ち着けていた。

日が経つにつれ、その平穏さ・退屈さにマリアンヌはだんだん嫌気が差してくる。

 

感想

シナリオを作らず、即興でシーンを作って映画にしていくゴダールの特徴が出ています。

それでベルモンドは、二度とゴダールの作品には出ない、と宣言して袂を分かつことになったわけですが…(;^ω^)

ベルモンドの気持ちも分かります。

正直観ているこちらも、ストーリーに必死についていってるつもりでも理解が追いつかずに

_(:3 」∠ )_

↑こんなんなってます。

ぶっちゃけストーリーなんて、あって無きが如し

考えるな。感じろ。雰囲気を楽しめればいいんだよ、と結局開き直りました( ̄▽ ̄)

まあそうなると、わりと楽しんで観られます。

ベルモンドが嫌がった即興だからこそ、急に観客に話しかけてきたりミュージカル調になったり、変幻自在の演出も実験作みたいで面白い。

部屋に死体があるのに、まるでただのオブジェのように目もくれず淡々と日常の仕草(食事を運んだりネクタイを締めたり)をしているふたりはコントのよう。

 

ボニー&クライド? と思える犯罪者カップルの逃避行ですが、主に悪を遂行しているのはマリアンヌです。

マリアンヌは、フェルディナンがどんなに否定しても、彼を「ピエロ」と呼び続けます。

そのとおり、彼女にとって彼は道化で、都合よく利用できるアホだったわけですね。

詩を嗜むフェルディナンは、自分をインテリだと思っていたようですが、悲しいかな、ロマンチスト故に御しやすいアホだということも見抜かれていたわけです。

退屈な結婚生活から逃れたい、小説を書いて認められたい、他のヨーロッパの大都市に行きたい…

フェルディナンにはいろんな望みはあるけど計算はない。

マリアンヌもまたアメリカに逃げたい、とデッカイ望みを持っていますが、それを現実にしようとする合理的な行動力があります。

だからこそ彼女はピエロを利用し、マフィアの大金を持って他の男とスタコラサッサ。

峰不二子やんけ~~~!

(不二子ちゃんならしょうがない。許す)

とまあ、不二子ちゃん的悪女に甘い私はマリアンヌのことを許してしまうわけですが(現実で実際にやられたらマジ腹立つけど)

フェルディナンは当然許せず、マリアンヌと男を隠れ家まで追いかけて射殺

ピエロだって、本気で怒れば過激な行動に出るんだぞ、と見せつけます。

でも結局哀しいピエロだから、愛する人を手にかけたことで自死を選ぶわけです。

フェルディナンは「死は美しいもの」と考えています。

どこかカッコつけたくて、顔を青く塗ってその上にダイナマイトを二重で巻き巻き…

なのに火を点けてから我に返って「待って、やっぱ、こんな死に方…」と火を消そうとしたのに見えなくて間に合わずドカーン

ああぁ最期までアホなピエロ(ノД`)・゜・。

この虚しさがヌーヴェルバーグですよぉ(よく分かんないけど)

 

他ベルモンド出演作品

「ハーフ・ア・チャンス」あらすじと感想【ネタバレあり】

「勝手にしやがれ」あらすじと感想【ネタバレあり】

気狂いピエロ [Blu-ray]

新品価格
¥3,100から
(2020/8/5 08:01時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2020 All Rights Reserved.