「ラッキーナンバー7」あらすじと感想【ネタバレあり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

ジョシュ・ハートネットが主演、モーガン・フリーマンベン・キングスレーが敵対する組織のボスをそれぞれ演じ、ブルース・ウィリスが謎の殺し屋、そしてルーシー・リューも絡んでくるオールスター・キャストのサスペンス映画です。

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]

新品価格
¥2,800から
(2020/11/15 16:01時点)

あらすじ

立体駐車場で車に乗ろうとしていた男。

仕事中の来客を警戒しながら出迎えた男。

立て続けにふたり殺された。

 

空港のロビーに座る青年に、いつの間にか近くにいた車いすに乗った男スミスが話しかける。

スミスは青年に、20年に渡る「怨念の計画」を実行するためにこの町に来たのだという。

そして彼は1979年にあった出来事を青年に聞かせた。

ニューヨーク・アクイダクト競馬場で、馬に興奮剤を打って勝たせる八百長が行われるという噂が広がった。

10レース目の7番の馬がそれだ。

高級レストランの給仕中に盗み聞きした客の会話でその情報を得た叔父から教えてもらった平凡な男マックスは、その話に飛びついた。

妻子と共に庭付きの一軒家に住みたいと思っていた彼は、息子ヘンリーを連れて競馬場にやってくる。

ヘンリーには車で待機させ、予定通り7番にノミ屋から2万ドル借りて2倍のオッズで賭けた。

その金は怖い連中から借りることになるのだが、本当にいいのかとノミ屋は念を押す。

マックスは了承した。

レースは噂通り7番が順調に1位をキープ。

しかしゴール間近で興奮剤が効きすぎてショック死してしまった。

手数料込みで2万2000ドルの借金を負ったマックスは、急いで駐車場に戻るが、ヘンリーごと車はなくなっていた。

取り立て人たちはすぐに現れてマックスを拉致し拷問。

妻が待つアパートにも殺し屋は現れ、ヘンリーも別の殺し屋に連れ去られている。

絶望の中マックスはビニールを被せられて窒息死させられた。

 

話を聞いて呆然とする青年の視線を巧みに誘導したスミスは、彼の後ろに回って首を掻き切った

絶命した青年を車いすに乗せてトラックで空港から立ち去る。

それと同じころ、護衛に囲まれていた黒人系の青年がホテルから出てきたところで狙撃されて殺された。

 

失業し、住んでいたアパートが取り壊しになり、彼女のところに転がり込もうとしたら浮気現場に出くわしてしまった不運な青年スレヴン

友人ニックを頼ってニューヨークにやってきた途端に、強盗に鼻を折られて身分証が入った財布を盗られてしまう。

ニックのアパートに辿り着いたが、あいにく彼は留守だった。

玄関は開いていたので洗面所を借り、バスタオル一枚で鏡を見ていると、向かいの部屋に住むリンジーという東洋系の女性がやってきた。

砂糖を借りに来た彼女は、ニックが不在なこともありスレヴンにいろいろ聞いてみる。

そこで電話が鳴り、シュバル・ホテルから掛かってきたのをミステリー好きのリンジーは、ニック失踪の謎解きの手がかりだと興奮する。

仕事のためリンジーは退室していったが、入れ替わりに2人の黒人男性がやってきて、スレヴンをニックと思い込んで拉致してしまった。

 

感想

中盤から雰囲気がガラリと変わります。

前半を何気なく観ていて「なんだか良く分からないし、面白いかどうか微妙だな~」なんて考えていたところで、その良く分からなかった部分の点と点が繋がっていき、綺麗な線となっていく後半からかなり見ごたえがありました。

そうすると前半が生きてきて、もう一度観たくなり、2度目の視聴で細かな伏線を改めて確認できてゾクゾクします。

前半の出来事を後半で回収するタイプの映画の手法として「カメラを止めるな!」あたりが近いかもしれません。

まあ話は全然違いますけど(;^ω^)

冒頭から人がバンバン殺されていくので「出オチ? 人死に過ぎ」と軽く引くのですが、スレヴンの登場から前半はコミカルな雰囲気になっていきます。

情けなくてすぐ殴られるしバスタオル一枚で拉致られるし、お約束どおりリンジーにご開陳してしまうし、いかにもヘタレな不運男丸出しです。

そんな男が友人の借金のせいで組織同士の抗争に巻き込まれてしまう。

でもどこか飄々としてるんですよね、ずっと情けない顔しながら。

だから殴られても悲愴感がなく、なんかコミカル。

この調子が続くのかと思いきや、後半はシリアス展開で20年前の事件から続く前半の伏線回収で怒涛の真相お知らせタイムに突入。

そこからは一気にラストまで突っ走ります。

いつものように【ネタバレあり】にしてるんですが、これは知らずに観たほうが楽しめます間違いなく。

前半で退屈に感じても、とりあえず最後まで観るのをオススメします。

そして覚えているうちに2回目を見るのがいいのではないでしょうか。

他愛無いことに意味があったことに気づきます。

 

それにしてもヘンリー役の子役、めちゃイケメンなんだけど今どうしてるんだろう。

この子、また観たい。

他の作品にも何か出てないかしら(*´Д`*)

リンジー役ルーシー・リュー出演作品

「チャーリーズ・エンジェル」あらすじと感想【ネタバレあり】

「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」あらすじと感想【ネタバレあり】

ラッキーナンバー7 スペシャル・プライス [DVD]

新品価格
¥1,200から
(2020/11/15 16:02時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
駆け出しライターのポムりんごと申します。 最近はめったに雪が積もらなくなった雪国在住。 映画や海外ドラマの視聴が趣味で、それが高じて英語学習もやっています。 英検準一級。TOEIC780。 漫画やゲームも好きな完全内向型。 家にこもってわがまま(セルフィッシュ)三昧に日々過ごしてます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© セルフィッシュもーど , 2020 All Rights Reserved.